もののわかり方

人は、自分のわかるようにしか、わからない。
わからないことについてのわかり方は、自分の
わかるようにわかるしかない。それでは自分の
わかるようにしかわかったことになっていない
ということが、わかっていない。

文筆家の池田晶子氏は、これが、
たいていの人のもののわかり方である、という。

教える僕らはこの言葉を金言としたい。

その人をわかるようにする、という、上から目線の挑戦は、
すこし大げさにいえば、この世に存在するただ一つの言葉を
その人に届けるということだから。

「記:根本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)