上達には2種類ある

上に達すると書いて「上達」。

この、上への達し方には
2種類あるのをご存じだろうか。

・斜めタイプ
直線や曲線、時に放物線を描きながら、
レベルが徐々にあがっていく。

・階段タイプ
上達が止まる時間が続いたあと、あるときポンと
レベルがあがりそのあとまたしばらく止まる、
を繰り返す。

斜めタイプは、努力が結果を約束するタイプ、
と言い換えてもいい。筋トレなどがそうだ。

階段タイプは、努力が結果をもたらす可能性は高いが
結果がでるタイミングやその程度が約束されていない。
開眼タイプと言い換えてもいい。囲碁はこのタイプにはいる。

だから囲碁は面白さがわかる前に辞める人も多い。
だから囲碁は面白くてずっと続ける人も多い。

いま教えようとしているもの、教わろうとしているものが、
このどちらのタイプなのかを予め知っておきたい。

意外と見落とされている視点だ。

「記:根本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)