心のガソリン

教える側の技術も大事だが、
上達するのに不可欠なのが本人の「やる気」なのは言うまでもない。

ではどうやってそれを喚起するのか。

正解はないが、ほぼ全員にあてはまるのが「檜舞台」だ。

特に初級者の頃に有効だ。
ピアノの発表会や野球の対外試合、絵や習字の展覧会、色々と浮かぶ。

囲碁では「団体戦」がおすすめだ。

以前僕のサイト『石音』では、1チーム25人、8チーム、
合計200人でネット上の団体戦を開催していた。

各チーム25級から七段までいて、全員が自分の都合に
あわせて月2局ほど打って、チームの勝利を目指す。

直前には高段者が同じチームの級位者を教える。

チームの勝敗がかかる20級と18級の対戦を、
50人が固唾をのんで見まもるという光景が、毎晩くりひろげられた。

「胃が痛くなるほどのネット碁」を経験した2人は
あっという間に1桁級に上達した。

勝った喜び。負ける口惜しさ。
それを生みだす檜舞台。

これが最高の「心のガソリン」だ。  「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る