2018年前半を検討する

6月が終わります

今日が6月29日。明日で2018年の前半が終わります。

これを読んでいる方はどのような半年でしたでしょうか。
僕はこの『上達の約束』の生徒さんたちをはじめ、多くの人と出会えた半年でした。

また外部の団体さまから依頼をうけ、イベントを開催させていただくなど、自分にとって新しい挑戦になる機会が多くありました。
『ダイヤモンド・オンライン』さまからも取材をされる機会もありましたね。

【囲碁の方が世界でメジャーなのに、将棋より人気がない理由】

自分の囲碁の実力については、明らかな上達を感じられたわけではありませんが、以前よりも厳しい手を打とうと心がけるようになりました。
これまでは最後のヨセまで打つことが多かったのが、勝っても負けても戦いになる展開になってきました。

打ち方を少し変えるだけで見えてくる世界がかなり変わってきて、囲碁の楽しさを改めて感じているところです。
 

平均点を70点とするとしたら、この半年は75点はとれたと評価します。
後半はさらに点数を高められるように、自分の軸をもって動いていきたいです。

囲碁の上達に検討が大切なように、少しの時間でもいいのでぜひこの半年を検討して後半を迎えましょう!

記:井桁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)