【憧れを抱いて模倣する】

上達を考えるにあたり「誰かに憧れを抱くこと」は、切り開かれた一本の道筋を見つけたのと同じです。その人が進んできた道のりを目印に取り組んでいけるからです。

伸び悩んでしまうのは、目の前の坂をどう登っていけばいいかわからないときです。考えつく手段を色々試してみるのだけど、進むべき方向が定まらない。堂々巡りに陥っては大変です。

抜け出すためには「ここを進んでいきたい」と憧れを抱ける人を見つけ、模倣することが解決につながるかもしれません。

僕自身も今回の対局を観戦して「ああいう鋭い一手を打てるようになりたい」と思ったので、これからの打ち方に活かしていきたいと思います。

「記:井桁」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る