akira_nemoto一覧

  • 2つの「いい加減」

    いい加減。 イントネーションで これほど意味が逆になる言葉も珍しい。 日本語が外国人にとって難解なのもわかる。 「いい」に力点がおかれると文字通りいい意味になる。 抑揚をつけなければ少し非難の色がは…
  • 信じると疑うの対話

    「自信がないです」 が口癖の人が上達するのを見たことがない。 だから教えるとは、「自信を教える」ことだといえる。 知識を与えることではない。 ゆるぎない自信がもてたとき、その人が発する馬力は倍増する。 …
  • 教わるから教えるへ

    囲碁を始めて数か月という人に薦める とっておきの上達法がある。 誰かに教える機会をつくる。 これだけだ。 もちろんこれは囲碁に限ったことではない。 ではなぜ「教える」と上達するのか。 なぜ「教わる…
  • もののわかり方

    人は、自分のわかるようにしか、わからない。 わからないことについてのわかり方は、自分の わかるようにわかるしかない。それでは自分の わかるようにしかわかったことになっていない ということが、わかっていない。 …
  • 上達には2種類ある

    上に達すると書いて「上達」。 この、上への達し方には 2種類あるのをご存じだろうか。 ・斜めタイプ 直線や曲線、時に放物線を描きながら、 レベルが徐々にあがっていく。 ・階段タイプ 上達が止まる…

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る