カテゴリー:教わる側

  • 「普通」が上達をさまたげる

    起業したばかりの頃、経験豊富なシニアに こんなアドバイスをされた。 成功したければ、打率より打数を気にしよう。 何打席はいったか。これが大事だというシンプルな 教えは、上達を目指す人にもあてはまる。 …
  • 期間を決めて集中する

    上達の道のりには終わりがありません。 1つの課題に直面してようやく克服したと思ったら、また別の課題が出てくる。それが1つならまだしも2つ、3つと同時に出てくるので、時には何から取り組んだら良いのか迷ってしまいます。…
  • 【憧れを抱いて模倣する】

    上達を考えるにあたり「誰かに憧れを抱くこと」は、切り開かれた一本の道筋を見つけたのと同じです。その人が進んできた道のりを目印に取り組んでいけるからです。 伸び悩んでしまうのは、目の前の坂をどう登っていけばいいかわか…
  • 基礎を見直す

    1月31日は約3年ぶりの皆既月食でした。21時頃から月が少しずつ欠けていく様子が見られました。 今回の皆既月食は、1ヶ月で2回目の満月であることなどから「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれます。 その…
  • 余計なことに取り組んでみよう

    余計なことはやりたくない。 上達するのは前提として、できれば効率よく時間をかけずに上達したい。 普通の人であれば、誰もが思うことだ。 しかし上級者であればあるほど、そんな楽な道はないことを…

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る