ドッジボールになっていないか

教えるときに気をつけていることがある。

教える側は知識・経験が豊富なため、つい、教えたいことを
相手にそのまま投げてしまう。

投げるのはいいとして、問題は、相手にとれるように投げているかどうかだ。

自分が投げたいことがあればあるほど、(教えたいことがあればあるほど)
相手がとれるとれない関係なく「投げる」に重きがおかれる。

気づくと、相手が取れないレベルにまで「投げる」に夢中になってしまう。

こうして現場では、しばしば、本人はキャッチボールをしているつもりが、
実際はドッジボールになってしまう。

ここにいくら気をつけても気をつけすぎるということはない。
それぐらい大事な視点が、「ドッジボールになっていないか」だ。 

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る