基礎を見直す

1月31日は約3年ぶりの皆既月食でした。21時頃から月が少しずつ欠けていく様子が見られました。

今回の皆既月食は、1ヶ月で2回目の満月であることなどから「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれます。

その珍しさにカメラを構える人も多く、私自身も上を見て歩いていました。

しかし道路には先日の雪がまだ凍結しています。下を見ずに歩いていたので危うく転ぶところでした。危ない、危ない。

 

上ばかり見ていては、下の様子は見えにくい。そして下にこそ問題が残っている。

上達にも同じようなことがいえます。

 

伸び悩んだとき、自分が「まだできていない」と思うことに課題を見出そうとします。「あの技術を習得できれば、堂々巡りから抜け出せられるのに。」と思ったことがある人は少なくないでしょう。

しかし上ばかり見ていてはいけない。

「もうできるようになった」と思っていることの中にこそ、課題解決のヒントが隠れているかもしれません。

基礎が本当に身についていなければ、応用は利かせられないのですから。

「記:井桁」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る