過去の記事一覧

  • 盤上はいたずら者の妖精が棲んでいる

    こんばんは。今日は大ヨセなどのときに使えるネタをご紹介します。 いきなりですが、以下の盤面をごらんください。 この中のどこかに、いたずら者の妖精さんがいるんです。 どのあたり…
  • 上達には2種類ある

    上に達すると書いて「上達」。 この、上への達し方には 2種類あるのをご存じだろうか。 ・斜めタイプ 直線や曲線、時に放物線を描きながら、 レベルが徐々にあがっていく。 ・階段タイプ 上達が止まる…
  • 一歩進んだ自分を体感する

    今日は実家に帰ってきています。 僕がいま暮らしている自宅にはペラペラの碁盤しかないのですが、実家には脚付き碁盤があります。 前に知人から譲っていただいたもので、盤の厚さもかなりありますし石も質が良いものでした。 …
  • おまえはすでに死んでいる

    今日は観念ではなく、方法論的なことを書きたいと思います。 石の生き死に(死活)というのは囲碁においては勝負を一瞬で決しかねないほどに大事な要素と言えます。 それだけ重要であることは多くの人…
  • 広げて閉じる

    あることを習熟しようとするとき、 カギをにぎるのは「発散と収束」だ。 できるだけ広くアンテナをはって そのあとできるだけ小さな範囲の興味に収束する。 その落差は大きければ大きいほどいい。 たいてい、効率…

動画『上達最前線』

↑↑
新しい考え方や話題の手をピックアップする動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る