余計なことに取り組んでみよう

余計なことはやりたくない。

上達するのは前提として、できれば効率よく時間をかけずに上達したい。

普通の人であれば、誰もが思うことだ。

しかし上級者であればあるほど、そんな楽な道はないことを、実体験をもって知っている。

好きなことだけ取り組んできたとしても、どこかで壁にぶつかって試行錯誤を求められる。今まで苦手と思って避けてきたことと向き合う必要がでてくる。

苦手なことを始めるのは少したいへんだけど、気合いで「えいや!」と挑戦してみる。

その繰り返しがあって、ついに上級者になれる。

それが余計なのかどうかは、いま決まるのではない。

夢中になって量を取り組み、過去を振り返ったときに、ようやく評価できるのである。

行動するか悩む前に、まずは行動してみることが上達の近道なのだ。

「記:井桁」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る