オンラインコミュニティ『かけつぎ』


「そう言えば診てくれる人がいないな」と
思った方のために『かけつぎ』は生まれました。

私たちは、対局はもちろん、「対局後」も大事にしたい。
3つの石で1つの形を成すかけつぎと
3人が盤上に寄り添う検討風景を重ねました。

あなたが上達するカギは、全てあなたの碁にあります。

知識を増やすために本や動画で勉強するのもいいですが、自分の腕を磨く最高の教材は、自分が打った碁です。

しかし、その教材をうまく活用している人を見かけません。
なんともったいないことでしょう。

いま碁会所に通うのが難しい方、
打った碁を上手に診てほしい方、
そして、あと少し上達したい方、

仲間と一緒に『かけつぎ』で腕を磨きませんか。



『かけつぎ』の1回目の対局会を開催しました

オンラインコミュニティ『かけつぎ』・現在46名が参加しています












H・Sさま(7級・60代女性)

私が「かけつぎ」に参加しようと思ったのは、自分で対局を振り返っても、悪いところがわからないし、困った所の解決策もわからない、何か良い手段はないかと常々思っていたからです。

かけつぎに参加して良かったことは3つあります。
1つ目は対局後の検討がとても便利で有意義なこと。

対局後、対局者とzoomで「この場面ではどんな風に打ったら良かったですか?」とか言いながら、クリックひとつで、その局面に戻って検討できるのが、こんなに便利だとは思いませんでした。

zoomでの音声でのやりとりのおかげで、検討が本当に楽にできます。
今までオンライン囲碁はあまりしなかったので、びっくりです。

またインストラクターの方は疑問点をクリアにしてくれるだけでなく、そもそもの考え方やプラスアルファの打ち方を示してくれます。
これは記憶に強く残り、自分の弱点を克服できるようになると感じています。

2つ目は毎月1回のイベントです。4月5月とも、会員の対局譜を使っての解説でした。

解説者の村上さんの話には、印象に残る言葉や考え方が端々に出てきて(私は「村上語録」と名付けたメモを作ってます)、まとめ方もわかりやすいです。
とても中身の濃い1時間で「かけつぎ」のもう一つの魅力だと思いました。

3つ目は、メンバーの方々とは初めてでしたが、気持ちよく打ち、検討できたことです。
検討が楽しいはメンバーの方々が親切で、すごくポジティブだからと思いました。

私は「かけつぎ」ではこんなことを新鮮でわくわく感じています。

*その他の会員からの感想は【こちらのページ】に掲載しています。


Q1・会費はどのように支払えばいいのでしょうか。

A・クレジットカード払いのみ対応しております。
詳しいお支払い方法はスタッフから案内します。

Q2・初心者でも参加できますか?

A・対局したことがある人ならば、どなたでもご参加いただけます。
ルール説明は行っておりません。

Q3・対局会にいつも参加できるかわからないのですが。

A・すべてに参加しなくても構いません。
 オンラインですので途中からの参加、退出も気軽にどうぞ。

Q4・ネット対局はパソコンではなくi-Padでも大丈夫ですか?

A・利用する囲碁サイト「石音」はJAVAで動くため、i-Padやスマホはご利用頂けません。
※Macは使えます。

Q5・退会・休会したい時はどのような手続きが必要ですか。

A・当月25日までにご連絡いただければ、当月末で退会または休会として受付いたします。
※登録月末での休退会はできません。

申込は下の青いボタンから受付してます。
申込フォームに飛びましたら、必要事項をご入力ください。
内容を確認後、担当スタッフより今後の流れをお知らせします。

2,3日経っても返信がない場合は、お手数ですが090-6795-6324(井桁)までお知らせください。
※こちらからの連絡が迷惑メールフォルダに分類されている場合もありますので、そちらもご確認ください。

申込以外の各種問い合わせは【こちらから】ご連絡ください。

メルマガ登録も募集中!

※囲碁をもっと楽しみたい人に向けて
上達法やイベント情報などを
無料メールマガジン『週刊 上達』にて配信しています。
(毎週火曜の夜に配信しています)

よろしければ下の画像をクリックしてご登録ください。
↓↓

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る