定石の手順には意味がある〜三々定石の場合〜

定石の手順には意味がある

定石の手順だけでなく、なぜそういう順番なのかまで知っておくと応用が効きます。
もちろん最初は手順を覚えるだけで十分ですが、何度か使っていくうちに、一手一手の意味も理解していきましょう。

今回は三々定石のうちの一つの形を題材にして、その手順の意味を紹介します。
「かけつぎ」で打たれた初段と二段の方の2子局を見ていきましょう。

(実戦図:白11手目まで進んだ局面)

黒4で右下三々に入りました。白11手目まで進んだ形は三々定石のように見えますが、本来の手順とは少し違います。

(参考図1)

実戦の黒6では黒1とノビる場面。その後で白8までが流れです。
実戦図との違いは、黒が3つ並んでいるところから一間空けて打っている点です。対して実戦は、黒4,8と2つの石しかない状況から一間空けている形です。
この1つが大きな違いです。

(実戦つづき)

実戦は白13,15と出切る手がとても有効になります。
白17とカカエた後、右下隅の黒は生きるためにはさらに手入れが必要です。がっちりと封鎖できた白はとても満足です。

(参考図2)

実戦の黒16で左側の白1子を取りにきたら、白2のアテ返しが成立します。
隅に入りにきた黒を取れたので、大きく得できています。

(参考図3)

もし定石通りの手順で打てていたなら、白からの出切りは成立しません。
アテ返されても攻め合いで黒が勝てるので、隅の地を確保できます。

並んでいる石が2つなのか3つなのかで、その後の狙いが変わってきます。

定石通りに打てばアテ返す狙いをなくすことができる。
それが今回の定石の手順に込められた意味と言えます。

記:井桁

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る