すべての囲碁ファンが通る道〜2線に気をつけよう〜

囲碁は2線に魔物がひそんでいます。
特に終盤の2線には注意が必要です。

終盤は互いの境界線を決めるヨセの段階。
ある程度決まったパターンや形しか打たれませんが、油断していると大きなミスをしてしまうものです。

今回紹介するのは、一局打てば必ず出てくるパターンです。
初心者向けの9路盤などでも出てくるので、すべての囲碁ファンが通る道と言えるかもしれません。
テーマ図は17級と15級の方の2子局です。

(実戦図:黒92〜黒96)

黒92と上辺を蓋したあと白93と右辺をハネました。
それに対し黒94でオサエ、白95でアタリをつなぎ、黒96で2線の傷をつなぎました。

一見すると普通の対応に見えますが、実は白にチャンスがありました。

(参考図1:白95の別案)

白95で白1と2線を切るのが正解でした。
白は自分の1子がアタリになっていますが、ここは気にしないで大丈夫です。

(参考図2:つづき)

(白4はA地点)

黒2でアタリの白1子を取られても、白3から白5までオイオトシで取れます。
これで黒の右辺の地を突破できていますね!
実戦の黒94は危ない対応だったのです。

(参考図3:黒94の別案)

黒94では先に2線の傷をつなぐ必要がありました。これならもう取られる心配はありません。

このやりとりは対局で必ず出てくると言って良いパターンです。
終盤の2線に注意しながら一局をまとめましょう。

*こちらの対局は、オンライン囲碁コミュニティ「かけつぎ」で打たれた一局でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る