教える前に大事なこと

この人をどう上達させよう。
そう思ったときまずやるべきことがある。

出来る限りその人を知る。

教える途中の数々のテクニックは、
この最初の「離陸」がうまくいった場合にのみ有効となる。

相手をよく知らないまま教え始めても
その効果は偶然の産物だ。

教えてあげたい、というはやる気持ちをいかにおさえて、
この人をどうやったら上達させられるだろうかと考える。
ここがポイントだ。

そしてこの考える作業は、教えている間中、
頭のどこかで稼働させ続ける。

上達させるにはまず相手を知れ

忘れがちなこのことを教える側は胸に刻みたい。 「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る