心のチューリップ

いいことを言っているつもりでも、相手にしっかり伝わらない。
言う内容を色々変えても伝わらない。

教える現場で僕は数々の失敗を重ねてきた。
完全にひとりよがりのシーンも多かった。
そこで学んだことがある。

笑顔にさせるのが先だ。

昔懐かしいパチンコの例えで恐縮だが、
ユーモアには、人の心をあの「チューリップ」のように
大きく開かせて、同じ言葉でも心の奥深くに届ける力がある。

まず心のチューリップを開かせよう。
伝えたいことはそのあとだ。

相手のチューリップが見えるようになれば、
自然と教え上手になれるだろう。

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る