過去の記事一覧

  • 初段になれた時を振り返る

    ある教材と学び方について 大学のサークルで囲碁を始めてから、 5級になるまでは順調に上達できました。 しかしそこから初段になるまで、 かなりの時間を要しました。 対局、詰碁、棋譜並べなど、 …
  • 目のつけどころの鍛え方(11)

    今まで10回にわたり書いてきたことを 簡単にふりかえってみよう。 ・目をつけるとは何か。 本を読むときに線をひくようなこと。 自分にとっての常識と非常識の間に注目すること。 ・どう目をつけるか。 …
  • 視野の広げ方

    「盤上を広く捉えましょう」 そんなアドバイスを受けたことがある方は多いと思います。 「大場より急場」という格言があるように、 囲碁ではその時に打った方が良いところ(=急場)を どれだけ先行できる…
  • 目のつけどころの鍛え方(10)

    「目のつけどころの見つけ方」、3番目の「俯瞰する」だが、 「囲碁と将棋の違いを一言で」「俯瞰して」という例題を前回出した。 皆さんの答えはどうだろう。 ゲーム性から「細部」にこだわると、「陣地取りか王様捕り…
  • 習慣化のポイント

    自分の意志を信じすぎない 「囲碁の勉強を毎日の生活に取り入れたい人向けの、  『習慣碁』ってサービス名を思いついた。」 先日、ツイッターにこんな投稿をしました。 囲碁新聞「週刊碁」を真似しただけ…

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント『上達の診療所』毎月開催

あなたは自分の「生活習慣病」に気づいていますか?
思うように上達しない理由は、ひとりひとり違います。

盤上の町医者、『上達の診療所』に一度かかってみませんか。

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る