一番教えたいこと

教えるときに一番教えたいものは何か。
考えたことがあるだろうか。

囲碁の場合は、ルール、布石、定石、手筋など盤上に関する知識や
テクニックはそれこそごまんとある。

しかし僕が一番教えたいのはそれではない。

「自信」だ。

とにかく自信を教えたい。

自分が持っているポジティブなエネルギーに気づいてもらう。
教えるときはこれに一番気を配りたい。

ここさえクリアできれば、必要な知識やテクニックは覚えも早くなり、
忘れてもそれをネガティブにとらえない心のゆとりが生まれる。

しかし「教える=覚えてもらう」の公式に従うと、
人間だから「忘れる」がセットになる。
「忘れる」への恐怖を植え付けてしまい、一番大事な「考える」に
頭が向かなくなる。その結果、上達につながらない。

では自信をどう教えるのか。

それは前回言ったとおり、まず相手を知ることがスタートだ。
そして相手が発する言葉に耳を傾け、自分が発する言葉もその人向けに選ぶ。

その地道な繰り返しにしか答えはない。

 「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る