先生は自分で決める

「何を」「どこで」「どれぐらい」「いつ」「どう」
教わるかよりも、「誰に」教わるかが大事だ。

これに異論がある人はすくないだろう。

そして「誰に教わるか」をすべて自分で決められる人もすくない。
表面的な「師」は、学校の先生しかりたいてい自分で決められない。

しかしこの「誰に」というのは「人」とは限らない。

本でもテレビでも映画でも、庭の草木からも学べる。
逆に先生から学ばなければいけないということもない。

ここがしっかり腹に落ちていると、先生のせいにせず
能動的に学ぶ姿勢ができる。

どんな時も先生は自分で決める。

この覚悟が上達の可否を決めると言っていいだろう。

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る