先生は自分で決める

「何を」「どこで」「どれぐらい」「いつ」「どう」
教わるかよりも、「誰に」教わるかが大事だ。

これに異論がある人はすくないだろう。

そして「誰に教わるか」をすべて自分で決められる人もすくない。
表面的な「師」は、学校の先生しかりたいてい自分で決められない。

しかしこの「誰に」というのは「人」とは限らない。

本でもテレビでも映画でも、庭の草木からも学べる。
逆に先生から学ばなければいけないということもない。

ここがしっかり腹に落ちていると、先生のせいにせず
能動的に学ぶ姿勢ができる。

どんな時も先生は自分で決める。

この覚悟が上達の可否を決めると言っていいだろう。

「記:根本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)