akira_nemoto一覧

  • 広げて閉じる

    あることを習熟しようとするとき、 カギをにぎるのは「発散と収束」だ。 できるだけ広くアンテナをはって そのあとできるだけ小さな範囲の興味に収束する。 その落差は大きければ大きいほどいい。 たいてい、効率…
  • 先生は自分で決める

    「何を」「どこで」「どれぐらい」「いつ」「どう」 教わるかよりも、「誰に」教わるかが大事だ。 これに異論がある人はすくないだろう。 そして「誰に教わるか」をすべて自分で決められる人もすくない。 表面的な「…
  • 第二外国語

    第一がなくても第二と呼んでいいらしい。 第二東名ができたとき知った。 外国語も同じだ。 第一外国語という言葉はなくとも 英語だとみな知っている。 そして第二外国語と呼ぶ言葉はある。 第二外国語が登…
  • 教わる技術

    教える技術と比べてあまり注目されないのが、教わる技術だ。 囲碁教室でよく出る質問がある。 「ここでどう打てばよかったですか」 正解を求める姿勢だ。お金を払い時間をかけているのだから気持ちはわかる。 だが「…
  • おやつは300円まで

    「バナナはおやつに入りますか」 小学校の頃、遠足の前にだれかが必ず聞いていた。 あの時バナナがおやつになるかどうかは大問題だった。 遠足のおやつは300円までと相場が決まっていた。 あれはよくできた教育プ…

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る