「あと1勝」をものにしませんか?

8月26日開催!

8月26日(日)12:00-14:00にて、リアル版の『上達の診療所』を開催します。

5回目となる今回は、9月1日(土)に行われる宝酒造杯・東京予選2にあわせ、
【「あと1勝」をものにするヨセの秘策】をテーマにします。
 

大会では1日4,5局打ちますが、そのうちの1局は僅差の碁になることがよくあります。

僅差の碁を負けるとかなりつらいですし
その状態で次戦に臨んでも、気持ちの切り替えが難しい。

逆に僅差で勝てれば、次にも勢いがつくのは言うまでもありません。
自信がついた状態で打つ一手は、いつもよりも輝きが増していることでしょう。

僅差の碁を勝てるかどうかが、1日の結果を大きく変えますね。

 
直前対策としてヨセを取り上げるのにも理由があります。

布石や中盤の戦いなど、変化がはげしいところは
1週間ではなかなか身につきません。

対してヨセはパターンも少ないですし、
手順を覚えるのも比較的かんたんです。

『上達の診療所』にぜひご参加いただき、
大会への励みにしてもらえたらと思います。

大会は参加しないけど、
囲碁の勉強の参考にしたい方の参加ももちろんOKです。

その他、なにかわからないことがあれば質問にも応えられますので
ぜひご参加ください!
(以下詳細です)

◇詳細

・日時:8月26日(日)12:00-14:00

・会場:新いずみ囲碁ジャパン(神田駅から徒歩1分)
 住所:東京都千代田区鍛冶町3-3 松見ビル5F

・定員:6名

・対象
 自分の囲碁の課題と現状を知りたい方
『上達の診療所』を詳しく体験してみたい方

・診療所スタッフ
 村上深(2018年世界アマチュア囲碁選手権・第5位)
 井桁健太

・料金:3,000円(席料込・当日払)
※昼食はありません

申込みはこちらのフォームよりお願いします。
その際、問い合わせ内容にて棋力も教えてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る