僕が上達できた理由はシンプル

僕は今仕事にしている囲碁を大学のサークルではじめました。

「仕事にできるほど、よく強くなれましたね。」と言われることも多いのですが、その理由は至ってシンプルで
「囲碁を楽しんでいたから」だと思っています。

対局、問題集、棋譜並べなど、囲碁の勉強が楽しいから、触れる時間も増えていく。やればやった分だけ身につく。上達すると楽しみ方が増えて、また一層励むようになる。大学時代はこの繰り返しでした。

もちろん最初から囲碁のゲーム性にとことんハマっていたわけではありません。楽しいと思えるまで勉強できたのは、自分が身を置く環境も影響していました。

僕の場合はそれが大学のサークルで、友人たちとご飯を食べたり、目標に掲げた大会で他校の学生と交流するのも楽しかった。

幸運にも自分が楽しくなる環境を見つけられたのです。

上手くなることだけに焦点を当ててしまうと、伸び悩んだ時がつらくなってしまいます。ぜひ自分が楽しくなる工夫をしましょう。

「記:井桁」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る