素人菜園帳(7)

コンパニオンプランツ。

素人「菜園ティスト」として初めて聞く言葉だったが、
イメージ通りでいいようだ。

そばに寄り添い生育を助けてくれる植物。

せっかく自宅でつくるのだから無農薬でいこう、
と始めてみたものの、どんな害虫がいつ飛んでくるかわからない。

出たとこ勝負が身上、といえばかっこいいが、
一度失敗すると挽回するチャンスが翌年となってしまう菜園では、
事前に回避できるにこしたことはない。
調べると、オクラにたくさんつくアブラムシ対策でバジルをそばに
植えるのがいいと知った。

雑草防止と地温キープ、肥料流失防止に効果のあるマルチを張る。
そのマルチも真っ黒ではなく、シルバーの線がはいったアブラムシ忌避効果の
あるものにした。

さてその結果どうなったか。
時計の針を3ヶ月先、昨年の8月にまわしてみよう。

・奥2つは陽当たりが悪く大きくなる前にアブラムシにやられてダメに。
・手前4つも油断すると葉裏が真っ黒になるほどアブラムシに。
・花が咲くと、蜜線にアリが群がり花や実が真っ黒にそまる異常事態に。
・後半戦、突然花が咲かなくなり枯れてしまう。不思議に思い掘り上げると
根がセンチュウにやられてこぶだらけに。(ネコブセンチュウ)

1箇所4本ずつ密植させたので、この地植えエリアの収量は24株で
結局40本程度。

半数の12株を陽当たりのいいプランターに植えたが、
収量は80本を超えた。地植え(withコンパニオン)VSプランターは、
4倍の大差でプランターに軍配があがった。

期待したほどのバジルの効果はなかったとも言えるが、
同条件でバジルなしを試したわけではないので、
本当の実力は未知数だ。

だがこれだけは言える。

バジル2本はぐんぐん伸び続け、毎週ざるに満杯の葉を提供して
サラダやソースになり食卓にのぼった。

このエリアで成功したのはバジル2本だけ。

助けられたのはコンパニオンのほうだったのかもしれない。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る