習慣化のポイント

自分の意志を信じすぎない

「囲碁の勉強を毎日の生活に取り入れたい人向けの、
 『習慣碁』ってサービス名を思いついた。」

先日、ツイッターにこんな投稿をしました。

囲碁新聞「週刊碁」を真似しただけのネーミングなのですが、
意外にも多くの反応をいただけました。

それだけ悩んだことがある方が多い
ということなのでしょう。

仕事や家事などで忙しくしている人にとって
囲碁の勉強を習慣にするのはなかなか大変です。

1日の中でほんの少しでもいいから
継続して囲碁に取り組むにはどうすればいいのか。

ポイントは自分の意志を信じすぎずに
環境を整える工夫をすることです。

自分の意志は良くも悪くも
上下しやすいものです。

最初のやる気を上げてくれるのはいいですが、
そのまま維持するのはよほどの熱がないと難しい。
 
 
意志に頼って勉強量を設定しようとすると、

その時のやる気に従って
つい背伸びした量から始めがちです。

余裕があるときはこなせても、

それがなくなった途端、
許容範囲を超えた量はストレスに感じてしまいます。

さらに悪化すると囲碁に取り組むこと自体が
億劫になってしまいます。

意志だけに頼りすぎていると長続きしにくいんです。
 
 
対して環境を整えるとは、
ストレスなく取り組める状態をつくることです。

最初から大きな量を取り組もうとせず、
少しずつの取り組みを持続できるようにする。

方法はたくさんあるでしょうが
たとえば詰碁や手筋に取り組むのが大変ならば

まわりの囲碁仲間と
いっしょに取り組むよう呼びかけたり、

枕元などすぐに手が伸びるところに
問題集を置いておくのも対策の1つでしょう。
 
 
僕も最近になってある環境を整えました。

実家にあった脚付き碁盤を
自宅に送ってもらったのです。

これまで使っていたペラペラの碁盤と違って、
脚付きだと気分が上がり、並べていて楽しくなります。

もともと1日1局は棋譜並べをしていたのですが
より充足感を得られるようになりました。

習慣化のために環境を整えるとしたら
どんなことができそうですか。

来年がはじまるまでに整理しておくと
気持ちよくスタートを切れるかもしれません。

記:井桁

*究極の個別レッスンを目指す『上達の約束』*

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る