自分ルールを作ろう

ダイエットの進捗も兼ねて

ちょうど1ヶ月前、
『上達の約束』に申し込んでくれたOさんと、

囲碁の棋力アップだけでなく、
お互いに痩せることを約束しました。

意外な使い方

元々Oさんとは、

12月2日に開催されるペア碁大会に
いっしょに出場する予定でした。

「男性はスーツにネクタイ着用」という
服装規定がある大会です。

少しでも見ためを良くして臨みたいと思い、
そこに向けて5キロずつ痩せようと約束したのです。

約束した日の夜の体重は82.9キロでした。

あれから1ヶ月経ってどうなったかというと、
なんとか80キロ台を切りました!

10月15日に体重を測ったら
「79.7キロ」の表示でした。

※15日は朝に測っているので差が大きい

それまでも安定して
1.5キロくらいは減らせていたのですが、

かなり久しぶりに80キロを切れたので
とてもうれしかったです。

 
成果につながったのは、

小さな努力を積み重ねるための
自分なりのルールを作ったことが大きい。

改善したのは食生活です。

大好きなラーメンを
食べる回数を極端に減らしました。
 

もちろん最初は大変でしたが、
自分への強制力を働かせるために設けた

「外出中にラーメンを食べたくなったら
一番近くで見つけた蕎麦屋に入る」

というルールがうまくはまりました。

 
とりあえずこの1ヶ月で、
努力は間違っていないことがわかりました。

もう1ヶ月半だけラーメンを我慢しながら
食生活を整えていきたいと思います。

小さな努力を続けるための環境づくりは
いろんな工夫でできます。

囲碁の勉強でもなんでも、
努力を継続させることが難しいときは、
自分ルールをつくってみましょう。

もし自分にぴったりな方法が見つかれば
ストレスなく継続できるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る