結果ばかり気にしない

先日、Twitterに目を引く投稿がありました。

なんでも投稿者のお父さんは
囲碁を老後の趣味にしようと以前から思っていて、

本格的に始めるまで一人で勉強していたそうです。
 

そして最近、人と打つようになったら
予想以上に負けてしまって楽しめず、
囲碁を趣味にするのをやめてしまうかもしれない、という内容でした。
 
 
そう、囲碁ってけっこう負けるんです。

麻雀のような4人でやるゲームであれば、
トップと最下位だけでなく、

2位、3位も決まるので、
1位になれなかったとしても悔しさは紛れます。

対して囲碁は1対1で打つので、

人によってはまるで「負け」という事実を
突きつけられた感覚になるのかもしれません。

この方も同じような感覚になったのでしょう。
 

ネガティブな結果ばかりに目を向けてしまうと
誰だって楽しくないです。

それよりも「うまくできたことは何があったのか」に意識を向けたり
対局はせずに一人での勉強は続けてみるなど、

結果以外に目を向けることが、とても大切です。

この方があまり気落ちしないよう、
周りの方からのフォローもあるといいのですが。

囲碁をこれからも楽しんでくれることを願います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る