上手の置き碁戦略 ~ 秘策その2 弱い石に意識を向けさせる ~

 

 

前回の記事からの続きです。

黒はアマ三段氏、私との四子局です。

左辺に黒△と構えた場面です。

白の私はAやBの打ち込みといった弱点を抱えています。

四子局のうわ手として、どのようにこの弱点をカバーすべきでしょうか。

 

実戦は白1と一間トビにしました。

この手の狙いは黒△の石を攻める「フリ」をすることで、

白の弱点から目を背けさせることにあります。

 

やはりあわてて黒1と逃げだしました。

白2~8と右辺の黒と連絡を妨げた「フリ」をして、

その実、Bの打ち込みをカバーしました。

しかし、黒は追われていると思っていますから、続けて黒9と逃げます。

残るAの打ち込みを守る頃合いでしょうか・・・?

 

いいえ、ここは白1とツケ、さらに下辺の黒に圧力をかける「フリ」をします。

黒の心はすでに下辺の一団にとらわれていますから、ここはガンガン稼ぎに行くことにしましょう。

アマ三段氏は「モタれ攻め」という考え方を知っていますから、その手には乗らないと下辺の黒を大事に連絡します。

これこそが「弱い石に意識を向けさせる」最大の利益で、白はその隙に左辺を突破しました。

左辺を突破され、間接的に上辺の白の援軍にもなってしまった状況ではAに打ち込む勇気は出せず、

黒6からほどほどに利かすにとどまりました。

 

ここまで50手ほどですが、四子局としてはすでにかなり差が縮まっています。

 

置き碁のうわ手は詐欺師みたいなものですから、相手の心理や意識をうまく誘導して無理を通しています。

相手の言っていることに「本当にそうなのか?」と疑いの目を向け続けることが、下手の真の置き碁対策と言えるでしょう。

 

記 村上深

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)