素人菜園帳(103)

東京なのに-8℃まで下がった。
朝起きたとき、部屋の中で吐く息が白くなる。

東京のはずれ、高尾のすぐそばに実家がある。

素人菜園でつくった干し柿16個を、家族単位で
ジブロックに小分けしてもっていった。

大きいものは1個ずつ。おかわりの分は小ぶりのもの。
そのおかわりの袋の外に、「おかわり+俺」と書いたら
妹に爆笑された。

食後のお茶うけに、妹が細かく切ってだしてきた。
ーなるほど。その手があったか。

食べやすく、そして干し具合、固さや色もそれぞれの
ピースがならぶ。

姪っ子が大好物の紅白なますに、細く切った干し柿がはいると、
いっきにアップグレードした。

家族が集まる食卓のうえに、少しでも自分がつくったものが
参加するのは嬉しい。

記憶に残る、いい正月だった。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る