素人菜園帳(22)

若いときは何かをしてもらうのが嬉しくて、
歳をとると何かをしてあげるのが嬉しくなる。

どこかで聞いた。

素人菜園をつくる喜びは、もちろん獲りたてを自分で食べることだが、
誰かに食べてもらうのも、それと同じぐらい楽しくなってきた。

もうすぐ50歳。歳をとったということだろう。

先週久しぶりにつれが実家に帰り両親と会うというので、
獲りたての野菜をもっていってもらった。

茎ブロッコリー、ベビーキャロット、シシトウ、赤玉葱
にトゲいっぱいの花つききゅうり。ニンニクやミニトマト
も獲れたがそれらは次回のお楽しみにした。

―農園主は最近また腕をあげたな。

お父さんがつぶやいたそうだ。

―これちっとも辛くない。あっ、だんだん辛くなってきた…

お母さんは赤玉葱のサラダが美味しかったという。

スーパーでも見たことのない小さな玉ねぎを前に、
あらかわいいわね、と笑顔になってくれたらいい。
朝の味噌汁に丸ごといれて食べてほしい。

翌日、お父さんからショートメールがはいった。
「とりたて野菜の御礼」
お母さんが描いた絵が添付されていた。

手作りに手作りで返す。シニアらしい素敵なおかえしだ。
こころがぽっと温かくなった。

先月は、弟家族にビーツやルッコラ、赤茎ほうれん草を送った。

―兄貴のルッコラ、うちの子たちに大人気で
「明おじさんの野菜のほうが美味しい」って取りあって食べてたよ。

写真を見ると、9歳と7歳の姪っ子が元気いっぱい食べている。
鍋にはいっていたのはほうれん草のほうだったが、
喜んでもらえたなら何でもいい。

弟からは「バカ一代」という讃岐うどんが届いた。

さっそく、素人菜園でふだんあまり陽の目をみない
「九条ネギ」を、ここぞとばかりたっぷり収穫した。

あつあつ、しこしこのネギうどんをすする。
文字通りバカにうまい。

―こういうの、エビで鯛を釣る、っていうんだっけ。

何かをしてもらうのも、まだ十分嬉しいことに気がついた。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る