素人菜園帳(122)

桃栗三年、というように3年が経つと植えた木がたくましくなる。

素人菜園がスタートした直後に植えたサルナシ、花柚子、金柑、
どれも今年から本格収穫を期待できそうな様子である。

先陣をきったのが、日本のハーブ、朝倉山椒だ。
50cmほどの苗木をシニアの友人に建築祝いとして頂いた。
昨年の「実山椒」は大さじ一杯ほどだったが、
今年は両手に一杯採れた。

新芽は「木の芽」としてスーパーでも見かける。
気にしたことがなかったが、タケノコの上にちょんとのる
アレである。

葉の表面には「油点」とよばれるぽつぽつとした点があり、
そこに香りのオイルが溜まっている。衝撃を加えると細胞が
壊れてシトラス系のさわやかな香りが広がる。

手のひらにのせてポンと叩く。
単純だが、実際やってみるとなかなか楽しい。

この山椒の木はすりこぎにするといいと聞いたことがある。
葉の香りとつながるのかもしれないが、木に解毒作用があり、
すった際の粒子が食あたりを防ぐそうだ。

葉っぱはハーブ、実はスパイス。そして木はキッチン道具。

粋なプレゼントの贈り主に感謝である。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る