素人菜園帳(85)

写真を見てピンときた方は、相当な素人菜園「通」か
園芸のプロだろう。

昨年末、「世界一高価なスパイス」に目がくらみ、
素人菜園史上もっとも「力んで」植えたサフランを
昨日掘り上げた。

*素人菜園帳(47) 2020/12/8
http://jotatsu-promise.com/saien_47/

植えた6個の球根のまわりには、しっかり小さな新しい球根が
「分球」している。数えると小さいのも含めて22個。

―あれっ倍倍で分球させるから今年は12個じゃないのか

鋭いツッコミである。1つの親球からたくさん芽が出て
それぞれに球根が新たにつくが、全部育てようとしても小さすぎて
失敗するので2本程度に絞りなさい、と本には書いてある。

2×2球 + 4×2球 +5×2球 =22球

アドバイスを守ったのは2球だけ。
残りの4球はつい欲が出た。

いや、勘違いしないでほしい。
金に眼がくらんだわけではない。

「アドバイスに反したらどうなるだろう」という冒険心が
抑えられなかっただけだ。

高温多湿が苦手なサフランの球根。明日から気温が下がるそうなので、
3鉢ぐらいにわけて植えてみよう。

2ヶ月後、秋深まる頃に、スパイスの素となる真紅の雌しべと
色鮮やかな黄色の雄しべをもった花が咲くはずだ。

1株に最大4つ咲くという。そして150個の花があれば
1gのサフランがとれる。1gのサフランの価値は1gの金と同じ。

今年は何個咲くだろう。来年、再来年は…。

いや、勘違いしないでほしい。
美しいサフランがテラスで咲き乱れる光景を
目に浮かべているだけだ。

嗚呼サフラン…。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る