素人菜園帳(127)

常識がくつがえるのは何歳になってもワクワクする。

物を手から離せば下に落ちる。
それぐらいあたりまえに思っていた。

野菜や果物は、土から芽が出て上に伸び、上で実をつける。
もしくは、土の中で太った根や茎が実となる。

動きは「下から上」か「下のまま」、どちらかだ。

上が大きく育ったあと、最後に土からちょこっと顔をだす
ミョウガや、土から少しだけ浮いた位置に円盤のような実を
つけるコールラビ、どちらもユニークだが、下から上だ。

ところがコイツは違うらしい。

上が育ちそこで花が咲いたあと、その花が今度は下に向かって
降りて土にもぐり、土の中で実をつけるという。

見たことのない「下から上、のち、上から下」だ。
そんな動きを植物ができるのだろうか。

植えて5ヶ月で収穫できる落花生、素人菜園で最大の
プランター(85リットル)に2株鎮座している。
幼児のプールほどあるそこは、安納芋ですら4株だった。
花がもぐる場所が必要とのことで過去最高のVIP待遇だ。

今はコガネムシ幼虫対策で、鉢底網やバークチップで覆っているが、
花が咲いたあと、動きが下にむかった頃にはがそう。

いやー、楽しみだ。
その頃また当欄で!

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る