素人菜園帳(130)

やはり芋は地植えがいいな。
掘りながら思った。プランターだと掘るというより引っこ抜くになる。

はじめて地植えに挑戦したことは3か月前にふれた。
素人菜園帳(117) http://jotatsu-promise.com/saien_117/

同じ根菜でも人参やダイコンは、上部が地面にでていて大きさの予想がつく。
本数は1本、確定だ。

だがじゃがいもは一株からどれぐらい採れるか、それがどんな大きさか
掘るまでわからない。種芋の10倍、うまく育てば15倍採れるらしい。

―おっ、いた。あっ、やった。えっ、すごい。

ツイッターでも書かない短文のコメントが並ぶ。
こういう時 ―に限るかどうかはさておきー 歳は関係なくなる。
40数年前、叔父さんの庭で芋ほりした時も
同じような反応だったかもしれない。

最初はそっと、そしてだんだん土をかきわける手のスピードがあがる。
新じゃが、というと小さい芋を想像していたが、それよりもずっと
立派なサイズが次々に姿を見せた。歓声があがるのも無理はない。

今回2つ植えたので、せっかくだからと実験をしてみた。
1つの芋からはたくさん、10本近い芽が出る。
そのまま全部育てると種芋の栄養が分散して芋が太らないので
芽がでたときに間引く必要がある。

本当は1本にしたほうがいいようだが、片方は5本残し、
片方は2本に絞った。そして結果は…

どちらも同じぐらいの芋の数、重量、つまり引き分けだった。
素人菜園家として一つかしこくなった。

だがそれより大事なことがある。
さっそく素揚げにして塩ぱらり。
あつあつは極上としか表現しようのない、晩御飯のおかずとなった。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ

究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る