素人菜園帳(31)

どんなものでも適量っていうものがあって、
度を超すと薬にもならないわよ。

遠い昔、よく母におこられた。
あれ食べなさい、これ食べなさい、と言われると反抗して
あれとかこればかり食べたからだ。

採れたてのミョウガを薬味に、素麺をつるっといったとき
ミョウガだらけのつけ汁を見て思い出した。

これは薬味の域を超えている。
ミョウガの麺つゆづけだ。

―どこまでが薬味なんだろう。
―なんで「薬」なんだろう。

3年前、長瀞でふらっと立ち寄った蕎麦屋で出てきた蕎麦、
じゃなくて薬味がいまだに忘れられない。

胡桃やおろしなど3種のそばに添えられていたのが
醤油皿に輪切りの小ネギが2、3切れ。
あれ、少ないなーと思ったら、これで2人分とわかってコケた。
名物の蕎麦の味はまったく覚えていない。

―神は細部に宿る

なんて大げさな言葉が浮かんだが、1650円のちょっと高めの
蕎麦なので余計にびっくりした。

意識してなかったが、僕は薬味好きのようだ。

素人菜園ではいま、ミョウガのほか、大葉、九条ネギ、ショウガ、
柚子、山椒たちが鎮座している。西洋わさび(ホースラディッシュ)も
直射日光をさけて壁際に4株、大きな葉をつけている。

俺が主役だ!と強くアピールはしないが、
いないと寂しい気持ちになる。
いれば確実に周囲を幸せにする。

―薬味な人生。いいかもな…

葉っぱが似ているミョウガとショウガを見て思った。

漢方では、薬に薬効や味を加える補助の薬のことを「加薬味」
というらしい。かやくご飯の「加薬」もそうだが、
薬味もそこからきている。
つまり薬だ。

あの蕎麦屋の、ちっちゃな薬味が忘れられない
自分につける薬はどれだろう。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る