素人菜園帳(95)

当欄では毎回素人菜園でつくった野菜や果物を紹介している。

だが時に番外編、サブメンバーの紹介があってもいいだろう。
菜園のすぐそば、軒下で毎年1ヶ月かけて大事に作っている。

干し柿である。

なぜこれを日本中の家でつくらないのか不思議なぐらいうまい。
自宅でつくったほうに軍配があがる度合いは「こんにゃく」と
肩をならべる。1個100円の渋柿が1個500円出してもいい
スイーツに変身する。

この時期たまに八百屋で見かけるので今回も枝(へた)のついた
干し柿用の渋柿を20個買った。今年はさらに調子にのって、
干し柿名産地、岡山から5キロ、3Lサイズを30個取り寄せた。
時間差で少しずつ干しているが、間もなくこの50個全部が
先日植えた60株のイチゴ苗の上にぶら下がる。

若干、家庭菜園、趣味の域を超え気味かもしれない。
もちろん気づかないふりをして前進する。いつものことだ。

昨年まではとにかく太陽のもとで甘いのをつくろうとしたが、
本当は最初の10日ほどはあまり陽にあてないほうがいいらしい。
急激に乾かすと皮が固くなり黒くなる。なるほどそうなのか。

干し柿の半分ほどの期間、2週間でひきあげると、これまた
素人菜園家の好物、あんぽ柿が出来るというのも知った。

すこし乾いてきたら軽く実をもんであげるといい。
ただ干すだけに見えて色々と小技が必要だ。

写真を見て気づいたと思うが、タコ糸をつかわず干している。
今回から導入した「柿ハンガー」、1本で10個つるせて5本で
千円ほど。便利なものがあるものだ。

年始にうちに来る予定の、妹や姪っ子、両親にドヤ顔で渡す準備は
整いつつある。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る