とりあえず歩こう

映りが悪くなったら斜め上から叩くといい。

テレビの話だが、遠い昔の記憶に何度かある。
説明書には書いてない原始的な方法ながら、
一般に広まっていた。

そういえば最近は壊れなくなったからか
テレビを叩く人を見なくなった。

「なぜか効果のある単純行為」
が身の回りから消えつつあるのは、すこし残念だ。

ここで一つ提案がある。

新しいアイデアがどうしても浮かばないとき。
何かにいきづまったとき。

こんなときはどうするか。

スマホを手にとってはいけない。
パソコンも閉じよう。
椅子に座って腕組をしている場合じゃない。

とりあえず歩く、がいい。

何も考えず、何も期待せず、ただ歩く。

めぐりが悪くなった血が動き出し、
頭の中の映りがよくなるのがわかるだろう。

「記:根本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)