今週末、中国に行きます。

百霊杯という国際戦があり、アマチュアの部で全世界から16名が選抜されました。

3名の日本代表の1人として戦ってきます。

 

囲碁を生業としていますが、もちろんインストラクター業がメインですから、勉強に充てられる時間はそれほど多くありません。

しかし、やるからにはどんな条件でもどんな相手でも勝ちたい。

 

勝つためには、強くならねば。

限られた時間でも、できることをせねば。

 

勝ちたい、勝ちたい、勝ちたい。

 

良い表現を使えば向上心といえるのでしょうか。

そういうオブラートに包むこともナンセンスな気がします。

勝ちたいんです。

 

上達するための動機は人それぞれありましょう。

しかし、僕はこれです。

 

自分が熱中すること、突き動かされる感情に自分なりに理由がつけられれば、もう大丈夫。

結果はどうあれ、自分は納得できるでしょう。

 

ああ、しかし結果も伴いたいなぁ。

 

記 村上深

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る