―ではまずお熱を測ってくださいね。

診察の前に看護婦さんが言う。
現状を正確に知ることから治療は始まる。

教える場でも同じだ。
相手がどの程度の「熱」をもっているのか
まず知る必要がある。

それはなぜか。

教える側の熱は、相手よりも「少し上」が丁度いいからだ。

教える側が松岡修造もびっくりのテンションで
情熱をぶつけてしまったらどうだろう。

日本一を目指すテニス少年ならともかく、
普通の趣味の場、仕事の場では相手はついてこれない。

相手が38℃のぬるま湯で
こちらがいきなり熱湯ではまずいのだ。
まず40℃のいい湯加減でぬるま湯に接する。
相手が少し温まったらこちらは42℃の熱いお風呂にあげる。

相手の今の熱を測り、その温度にあわせてこちらを調節する。
少しずつ相手の熱をあげていく。

その繰り返しで上達が見えてくる。 

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る