メモとる?

「大事なことを忘れないようにメモをとる」

普通だ。

この普通の行動は、上達を目指すために簡単に進化させることができる。

「大事なことはメモをとらない」

あらっ…。

そうだ。
上達のスピードをあげるためには、暗記に頼るだけでは限界がある。
大事なことほどメモはとらず、身体に覚えこませる。

たとえば運動で上達を目指すとき、教えられるそばで
すぐにメモをとる人は少ない。
考えないでもできるように繰り返す。

囲碁のように頭を動かすものも同じだ。

「しかし私はどうしてもメモをとりたい」

それもわかる。
そんなときはお薦めのやり方がある。

「教わったことはメモしない。気づいたことだけメモをとる」

このやり方で頭を倉庫ではなく、工場のように動かす癖をつけていきたい。

もちろん皆さんも、これをそのままメモはしていないと思う。

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る