愛ゆえに、入門者は去ってゆく

今回は、特に入門・初級者に対して、教える側が陥りがちなケースを取り上げてみましょう。

まずは、私の体験談です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は約7年間、営業として会社勤めをしていました。

最盛期に比べれば、だいぶプレイ人口が減ったとはいえますが、やはり「ゴルフ」は営業のたしなみの1つでした。

一念発起してゴルフを始めようと思い、先生役として父にお願いしました。

父はシングルプレイヤー(囲碁でいえばアマ高段者)だったので、うってつけだと思ったのです。

 

初めて、父と打ちっぱなしに行きました。

「コースに出るには、打ちっぱなしで10,000球打ってからだ!」

「グリップが甘い!そんなへっぴり腰じゃダメだ!」

 

私は、それ以来ゴルフをしようと思わなくなりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ごくごくありふれた話です。

教える側としても、教わる側としても。

父は、ゴルフへの愛が強く、そして息子である私には愛ゆえに厳しかった。

 

ある雑誌で、様々な競技や習い事、勉強で第一人者となった方々へのインタビュー記事に、このようなことがかいてありました。

「一番最初の先生は、楽しく、そのことを好きにさせてくれた」

 

好きであることは、なによりも上達の特効薬である、ということでしょう。

 

私も囲碁への愛は人一倍ある自信があります。

しかし、その愛は人に向ける必要があり、優しさを伴うべきだと、体験からも、インタビューからも感じるのでした。

 

あなたの愛はどこに向けますか?

 

「記 村上」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

顔が見えるネット碁「石音」

『目のつけどころはシニアに学べ』根本明 著

ページ上部へ戻る