暗記は忘れるためにある

前回、『倉庫から工場へ』で上達する頭の使い方についてふれた。

では頭に情報を「搬入」する暗記は必要ないのか。
そんなことはない。暗記は大事だ。なぜか。

それは「捨てる」ためだ。
詰めこまないと捨てられない。

禅問答のようだがこういう例で見てみよう。

常識を知っているから常識をはずせる。
常識をしらなければ単なる非常識だ。

型があるから型を破れる。
型がなければ単なる形なしだ。

常識はずれや型破りは「奇想天外」「独創的」につながる。
だが「非常識」「形なし」にポジティブな意味はない。

知っててはずすのか、知らないからはずれるのか。
同じ「はずれている」でもその違いは大きい。

繰り返すが、上達には最初の「暗記」が大事だ。
それは「捨てる」ため。

なぜ捨てるのか。
それは「考える」ため。
頭を倉庫から工場にするためだ。

つめこんで、捨てて、つくる。
このサイクルが最高の上達エンジン。

暗記は忘れるためにある。 

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る