「普通」が上達をさまたげる

起業したばかりの頃、経験豊富なシニアに
こんなアドバイスをされた。

成功したければ、打率より打数を気にしよう。

何打席はいったか。これが大事だというシンプルな
教えは、上達を目指す人にもあてはまる。

量をこなさなければ上達できない。

上達には「質より量」。簡単にわかる理屈だ。
だが実際は、上達を目指すときこう考えてしまう。

効率よく上手くなりたい。
失敗したくない。
忘れたくない。

これらのベースにある考え方は、「量より質」だ。
このなんの変哲もない「普通」の考えが、
量を増やせず上達しない原因となっている。

ここに気づけるかどうか。

それは「普通」ではないかもしれない。

「記:根本」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る