目標を達成しやすくするには

2019年の目標

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2019年の目標は立てましたか?

僕は大きなものから小さなものまで、
やりたいことや、ありたい姿勢など、
数十個の目標を立てました。
 

その中の1つに、「親孝行する」という目標を立てました。

父親が今年で還暦になることもあり、
2019年は今まで以上に親孝行しようと思ったのです。
 

せっかくならば、このお正月から行動に移していきたい。

何をしようか考えていたところ、

「別に1人で何かしようとせず、家族も巻き込めばいいんだ!」
と思いつきました。

そして家族に提案したのが、
「昔の写真と同じ場所、同じポーズで写真を撮る」ということ。

※参考
https://fundo.jp/15225

実家にあった大量のアルバムから、
25年前に撮った写真を選び、

本日の昼間に同じ場所に行き、
同じポーズで家族写真を撮りました。

選んだ写真は僕が3歳、妹が0歳だった時のもの。

父親が妹を抱っこした状態で撮っていた写真だったので、
とてもおもしろい写真が出来上がりました。

 
掲げた目標は自分のものですが、
達成に向けて動く際は、1人である必要はけっしてありません。

同じような目標を掲げている人や
それに共感してくれる人がいれば、
その人たちも巻き込んで一緒に動けばいいのです。

 
人を巻き込むことで、
達成した時の喜びも大きくなるはずですし、

何よりも自分の状況を見ている人がいれば、
行動するための強制力が働きます。

「あの人を誘ったからには自分もだらけないようにしよう」と、
気を引き締めて動き続けられます。

そして動き続けられれば、
結果的に目標を達成しやすくなるはずです。
 

2019年をより楽しく過ごせるように
お互いがんばりましょう。

「記:井桁」

*究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る