素人菜園帳(19)

今朝、向かいの家に住む小学一年生の女の子に
「獲りたての」アゲハの幼虫をプレゼントした。

先日家の前で会ったとき
「こんにちはー。青虫とれた?」

昨夏何匹かあげたので今年も楽しみにしているようだ。

無邪気な笑顔で頼まれては、葉っぱをボコボコにする
にっくき害虫とはいえ、撃退作戦はいったん中止だ。

こうなるといったい菜園で何を育てようとしているのか。

自分でもおかしいが、どうやら僕は彼女と友達になれたのが
嬉しいらしい。

10日ほど前のことだ。
庭で水やりをしていると、向かいの家の3階の窓から
声がかかった。

「何してるの~」

―野菜に水あげてるんだよ。

「へぇ。あのね、これ電車の橋」

一瞬意味がわからなかったが、3歳の弟がつくった模型を見せてくれている。
隣に背の低い男の子が一生懸命に顔を出した。
窓は開いてるが落ちる心配はなさそうだ。

「そうだ、リカちゃんに友達ができたの」
窓から2人ともいなくなった。

なかなか戻ってこないが、この場を離れるわけにはいかない。
彼女が「友達」をつれてもどってきたときに僕がいないと
ショックだろう。

ちょっとまぬけだが、水を止めたホースをもったまま
その場で待った。

「これ、○○ちゃん」
数分後、人形をもって戻ってきた。○○のところは聞き取れなかった。
そのとき階下からお母さんの声がした。ご飯のようだ。
2人とも元気よく返事をして、窓からいなくなった。

声をかけてもらい、ちょっと喜んでいる自分がいた。
7歳と3歳の姉弟から僕はどう見えているのだろう。

その数日後にはこんなこともあった。

2Fのベランダでつれと話をしていたとき、向かいの3階の窓から
彼女がこちらを見ていた。窓は閉まっているので声は聞こえない。

こちらが手をふると、彼女は少し照れながら手をふりかえした。
すぐいなくなったと思ったら、今度は先日とは別の人形だけが
窓にあらわれた。

―きっとリカちゃんだ。そうか、僕らに見せたいんだな。

そのとき、人形が手をふり始めた。

―見た?いま人形動いたよね。

彼女は僕らに隠れて窓の下から人形を操作しているのだ。

―おい、人形劇が始まっちまったよ…。

予想外の展開に笑いがとまらない。
これまたその場を離れるわけにはいかなくなった。

ほんの1分ほどのパフォーマンスが終わると、
彼女はあらわれず、人形だけがそっと窓際に置かれた。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る