もっとボケよう(1)

SNSの登場もあって、つっこみ偏重の世の中になった。
それも漫才のようにボケを輝かすためのものではなく、
責めるニュアンスがつよいつっこみだ。

息苦しくならないように、ここはやはりボケの力を借りたい。
そんなボケの景色を切り取っていこうと思う。

4年前の夏の日のことだった。僕は運営する囲碁サイトの
常連の方と京都駅で待ち合わせをした。
旅行に行くついでに一度会いましょうとなったのだ。

その方は82歳。サイトでお互いの写真は見ているが
大分前の写真かもしれず混雑した場所での待ち合わせには
少し不安があった。その方からメールが届いた。

「新幹線中央口出たところで帽子をかぶって待っています」

まじめに提案しているのはわかるが、笑いがこみあげてきた。
真夏の暑いさなか、シニアはみな帽子をかぶっている。
会うのがよけい楽しみになった。

「いやー写真で見るのと違いますなぁ。それに大きいでんなぁ」

改札を出てきょろきょろ見渡していると、ひとりのシニアと
眼があった。ニコニコしながら話しかけてきた。
写真ではわからないが僕は長身なので驚かせてしまったようだ。

近くの喫茶店に入った。
世間話をすこししてからひとつ聞いてみた。

「どうして僕のサイトを選んでくださったのですか」

「それはね、ホームページの席亭の写真を見てこの人なら
信用できそうと思ったんですわ」

表情から本気でそう思ってくださっているのがわかる。
となりでつれが笑いを押し殺している。
僕も失礼がないようにとこらえるのに必死だ。
出会って最初のひとことは「写真と違いますなぁ」だった。

つっこむのは簡単だがボケるのは難しいと言われる。
たしかにそうかもしれない。

だが自分で意識してなくとも相手がボケを感じることもある。
それでいい。その瞬間、2人の距離は間違いなく縮まる。

あれから4年が経ったいま、はっきり言える。
歳が離れた2人にとってボケは大事なスパイスだ。

それも今まで意識はしてなかった。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


メールアドレスを入力し、登録を押してください。


バックナンバーはこちらから

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る