素人菜園帳(10)

さて、夏野菜をひと通り植え終わって一段落、
というわけにはいかなかった。
昨年の5月の中頃のことだ。

地植えエリアでは、ミョウガ、人参、オクラ、枝豆、
ミニトマト、九条ネギ、ショウガ、サルナシたちが
それぞれ、自分の事情を訴えてきた。

ある程度大きくなるまでは乾かさないでね。
でも大きくなったら逆に水やりすぎないで。
中央アジア原産の人参だ。

最初の実がつく時だけ水をしっかりやって、あとは基本
水やりなしで頼みます。できれば雨よけ設置頼みます。
遠くアンデスからやってきたトマトだ。

窒素をふくむ肥料はいらないというマニアックな要望は枝豆。
どうやら根粒菌とやらが空気中の窒素を取り込んでいるらしい。

乾燥に弱いのではやくワラを敷いてほしい、出来れば
直射日光もあてないでほしい、と結構軟弱なお願いは
ミョウガとショウガ。

陽当たりはとにかくよければいいのかと思いきや、
ぼくは午前中だけ、私はあまりいらない、俺は一日中
あったら嬉しい…。

おい、みんなもともとは、耕したり水やりしたり、
肥料やってくれる人なんて誰もいないところから
きたんだろ。そんなわがまま言える身分か?

そんな声もむなしく響く小さな菜園に、
今日も朝から水やりに向かう人がいた。

ちょっとまだ早い、麦わら帽子をかぶって。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る