素人菜園帳(11)

たくさんの野菜と向き合って、少し慣れたつもりだったが、
毎度心の置き場に困る場面があった。

間引きである。

芽が出たら全部最後まで面倒をみるならいいが、
そうはいかない。

何回かにわけて間引かないといけない人参をはじめ、
基本は育てる本数の数倍の種を蒔く。
人参でいえば、10本獲るには50本の芽が必要で、
50本の芽を出すには70粒は蒔かないといけない。
発芽率はだいたい70%だ。

間引くには、時期、間隔、頻度を作物にあわせて調整する。
ただ、理屈はわかってもいざハサミをもって向き合うと、
そう簡単に作業はすすまない。

まず、どれも皆、「俺を残してくれ!」と訴えてくる。
まよい箸ならぬ、まよいバサミがはじまる。
なるべく元気な奴を残したいが、何センチおきに間引くという
ミッションがあるので結構あんばいが難しい。

こいつを残すとあいつには消えてもらわなければならない。
そんな葛藤がつづく。

そしてもうひとつは、「なるべくたくさん獲りたい」という
煩悩とのたたかいだ。
間引きすぎて残ったやつが育たなかったらどうしよう。
失敗したくない気持ちが間引きの手をついゆるめてしまう。

昨夏の人参は間引きがあまく、結局どれも細いゴボウのような
出来となった。途中で失敗に気づき、あとから株間を広げたが
遅かった。タイミングよくだいたんに間引かないと太らない。

失敗をさけようとするのが失敗なんだ。

間引きたての極細人参をかじりながら、勝手にひとり、
菜園の奥に真理を見た気になっていた。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る