素人菜園帳(26)

―はじめはあまり好きじゃない、というか、
どちらかと言えば嫌いでした。

―それがだんだん普通になって、気がついたら
好きになっていました。

―今はもう毎日会わないと気がすみません。

誰への告白かというと、「人参」である。

毎朝かかさず人参ジュースを飲み、時にぬか漬けに、
時にスティックで味噌をつけて食べる。サラダもある。
数えると年に200本近くいきそうだ。

人参にもし何か有害物質が見つかったら、
―お先に失礼しまーす。
となるのは間違いない。

人生を春夏秋冬でいえば、間もなく50歳の僕は青春、朱夏ときている。
このあと白秋、玄冬と続く。
色は青→朱→白→黒の順だ。

人参は基本朱色だが、白や黒もある。だが青はない。
青の時代が終わってから好きになったのは偶然だろうか。

身体がだんだん錆びてきて、栄養というものが気になりはじめた。
Carrotとい名はカロチンからきていると知ってさらに気に入った。
直球で潔いネーミングだ。

スーパーでほうれん草が「鉄分草」であれば、
―えっと鉄分が多いんだっけ。ビタミンCだっけ。
と考える必要がない。

素人菜園では昨春、昨秋に続く3回目、今年の春蒔きから、
普通の色、サイズ以外の人参に挑戦した。

白い人参のような根菜はパースニップである。
今回は深さ42cmの大型プランターで8本育てた。
通常の人参は種まきから収穫まで100日ほどだが
それより1ヶ月以上余計にかかる。
その分、期待値もあがる。

欧州原産で生食はせず、葉も食べないところが人参と違うが、
別名白ニンジンとかサトウニンジンと言われている。

葡萄なみに甘いという情報に接し、わくわくする。
だが人参と葡萄がどうしても重ならない。

―ほんとかな。イチゴ味の歯磨き粉、みたいなこと?

よくわからない例えが頭に浮かんで苦笑する。

玉ねぎやカボチャ、トマトと一緒に
オーブンでローストしたものを食べてみる。
味つけはオリーブオイルと塩コショウだ。

―うーん、なんなんだ、これは…。

ゴボウのような繊維も少し感じるが、
まずカボチャやサツマイモに似たほくほく感が口に広がる。
あとからくるのが人参らしからぬ甘味と、
鼻に心地よくぬけるハーブな香りだ。

冬越しのものはもっと甘くなるというから
ひょっとして…葡萄…?

種の袋を確認するとまだたくさん残っている。
お盆をすぎてからまた蒔いてみよう。

五木寛之氏によれば白秋は60歳頃からというが、
それより10年早く白の時代に突入だ。

パースニップ、一緒に育てませんか。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ

究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る