素人菜園帳(88)

あの2人、似てるけど、全く同じじゃないよね。
でもどこが違うんだろう。

ずっと気になっていたことが最近はっきりした。
唐辛子と、ししとうだ。

昨年はししとう、今年は唐辛子を育てた。

ししとうは、ししとうがらし、の略で、先端が「獅子」に見える。
唐辛子はふつう細く赤いが、この「甘とう美人」は太く緑だ。

一緒に収穫したきゅうりの「シャキット」もそうだが、
相変わらず野菜のネーミングは素晴らしい。

唐辛子も、ししとうも、ナス科トウガラシ属の野菜なので
ししとうは、唐辛子の一種だそうだ。

辛味がないのがししとう。あるのが唐辛子。
そのまま食べるのがししとう。
食べずに香辛料などで使うのが唐辛子。

しかしこの「甘とう美人」は、唐辛子なのに辛味がない。
だから「甘とう」なのだが、そのあとに「美人」とつける
センスに脱帽だ。野菜売り場でつい手がのびるだろう。

姿が美しくまっすぐで曲がりにくいからだろうか。
語感も語呂も、そしてそのまま食べられる味もいい。

京野菜の「万願寺とうがらし」の交配種と聞いて納得だ。
ちょっと苦みのある大人のピーマンだ。

辛いはずなのに甘い。
細く小さいはずなのに太く長い。
赤く曲がるはずなのに緑でまっすぐ。

素人菜園家の心をわしづかみにする、
ちょっと異端児の唐辛子、甘とう美人。

レギュラーになりそうな予感がする。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

YouTube


『上達の約束』YouTubeチャンネルの過去動画をまとめてあります。
対局や囲碁講座の動画をアップしています

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内


↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます
これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る