素人菜園帳(36)

素人菜園をやるようになって、KYに気をつけている。

KYは「空気が読めない」でよく登場する。
「危険を予知する」という意味もあるらしい。

たしかに家の中では、つれの機嫌を損ねないように空気を読み、
ときに、爆発の危険を予知する力も求められる。
しばしばこの力が故障して痛い目にあっている。

だがいま、身につけたいのはそのKYではない。
「気温を読む」だ。

最近NHKのニュースをつける時間が3分早くなった。
朝7時でも正午でも夜7時でも、始まる直前は天気予報だ。

自分に直接関係するかどうか、でいえばトップニュースの3分前が
本当のトップニュースだ、と、まじめに思う。
社会人として壊れかかっているかもしれない。

手もとの記録によれば、6月4日から今日まで28回あった
パッションフルーツの開花が8月10日から9月17日まで
飛んでいる。今年は梅雨明けが遅かった。

30℃以上の高温が続くと開花や結実を休むと本に書いてある。
まさに最高気温が30℃をしたまわったとたん、また花が咲いた。
花の形状から「時計草」の別名があるが、「温度計草」でもいい。

昨日ジャンボニンニクを植えた。
もう猛暑がもどることはないはずだ。
マイブームの「KY」を発揮したつもりでいる。

ニンニクは、ある程度の温度に下がらないと芽を出さない。
ふつうの作物と逆なので注意が必要だ。はやく植えすぎると、
土の中で眠っている時間が長くなり病気のリスクが高くなる。

料理好きのつれは、このニンニクを相当楽しみにしている。
昨年は7株育てて半分こだまのプチ失敗だった。

面目躍如を果たせるか。
今回エリアを一挙4倍、1m四方に拡大した。

結果がわかるのはずっと先、来年の6月だ。
貴重なエリアをこれから9ヶ月も占有する。

もし新KYを使った大胆な作戦が失敗に終わったら、
と思うとこれから昼も眠れぬ日が続く。

故障しがちな旧KYを鍛え直すしかないだろう。

記:根本

*いまの囲碁教室で満足できない貴方へ
究極の個人レッスンを目指す『上達の約束』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

動画『上達最前線』


新しい考え方や話題の手をピックアップする囲碁動画です

過去の動画はこちらから

『週刊 上達』(無料メルマガ)


↑↑
マークをクリックすると登録ページに飛びます。
イベントの先行案内や、上達に関するコラムを毎週火曜の夜に配信しています。
無料ですのでお気軽にご登録ください。

イベント案内

↑写真をクリックすると今後の予定に飛びます

これまでの様子はこちらから

顔が見えるネット碁「石音」

ページ上部へ戻る